産業用異常検知のためのRealityCheck AD

概要

RealityCheck ADは、工場での異常を検出するために構築されたプラットフォームです。 これは、品質管理のための製品最終工程試験、および工場での稼働機器監視のために完成されたHWおよびSWのソリューションです。 1つもしくは複数のセンサーが含まれているエッジノードを即時に展開でき、普通ではない異常な動きについて生産設備の監視をすぐに開始できます。 時間の経過とともに、特定の状態をより詳細に検出する機能を開発でき、問題が発生する前に予測することができます。

動画再生

私たちが解決する問題

  • 定期メンテナンス前の機器の問題

  • 交換可能/修理可能な部品が通常より早く消耗される(フィルターの目詰まりなど)
  • 予期しない問題

  • 想定していない、機器のアイドル状態

  • 取得するのが難しい、特定の生産機能に関する情報

  • 特定のスキル、トレーニング、または豊富な経験が必要なテスト

  • 標準を参照せずに主観的なテスト。 「私がそれを聞けば分かる」

Reality AIは、富士通コンポーネント株式会社と提携し、富士通コンポーネントの非接触型振動センサーをRealityCheck ADのセンサーの一つとして提供しています。

How can we help you?